家を新築するなら建築家に

家を新築するなら建築家に

新築住宅を建てるなら断熱と気密が良い家にしたい

もし私が新築の住宅を建設するとしたら、断熱と気密性能がバツグンに良い家にしたいですね。冬は暖房なしでも寒さを感じず、夏も冷房が無くても涼しいと感じる家にできたら最高です。猛暑の場合でもエアコンを使う時間が短くて済むなら言うことなしですね。それにプラスして太陽光発電ができればこれ以上の望みはないくらいです。やはり家は性能を重視して建てなければ絶対に後悔すると思います。デザインは長年住んでいると飽きてきますが、性能だけは快適さにつながることなので妥協したくないと思います。私が住んでいる秋田県は冬の不便さと寒さが最悪です。せめて家だけでも暖かくて快適であれば救われます。敷地内の除雪に関しても悩みのタネですから、その点も考慮した設計ができれば助かります。

やはり冬の寒さを感じさせずに、どこの部屋でも暖かいというのが理想です。断熱材の性能や気密性能を高めることは省エネにもつながるので、地球温暖化を防止することに多少なりとも貢献できると思うのです。今住んでいる家は冬の寒さが床から感じられます。夏の暑さは天井から降りてくるようです。このような中途半端な断熱性能ではダメなのです。しっかりと計算した上で断熱材の性能やボリュームなどを決定して欲しいものです。

Copyright 2017 家を新築するなら建築家に All Rights Reserved.